カンジダは性病だけじゃない!腸カンジダってなに?

女性の5人に1人は経験する病気、それが膣カンジダです。水虫で有名な白癬菌と同じく真菌に属するカンジダ菌というのが増殖して、オリモノや痒みなどの不快な症状を引き起こす病気です。性感染症の一つとされていますが性行為をしない方であっても発症することは多々あります。何しろ、健康な女性であっても皮膚に口の中に、消化管やそして膣内に常在菌としてカンジダ菌を持っていることは普通なのです。足拭きマットなどを介して発症する白癬菌とはことなります。すでに持っている以上はコンドームを使って粘膜同士の接触を防ぐようにしても意味がありません。もちろんコンドームも他の性病を防ぐためにも使うべきですが、カンジダの場合はむしろ体力低下して免疫状態が悪くなってしまうのを防ぐようにしましょう。風邪を引いたりストレスを感じたり疲労したり、そんな日常生活のあれこれで体力低下して、免疫状態に影響を及ぼすと微妙なバランスを保っていた常在菌のバランスが崩れ、カンジダ菌が増殖してしまいます。その結果、膣の周辺の痒みや刺激感があったり、粘度が高くて白いまるでカッテージチーズのようなオリモノへと変化してしまうわけです。

カンジダというと女性の膣に発症することが有名ですが腸内にも存在しています。健康な人の7割程度もが持っていると言われていますから、腸カンジダになる可能性は高いです。腸内と言えば腸活でも知られているとおり様々な菌が存在しているので、そのバランスが崩れるとやっかいな症状が引き起こされます。下痢や便秘に食欲不振、頭痛や疲れ・情緒不安定やうつに集中力の低下といずれも腸カンジダになっているかもしれないので、病院で抗生物質を用いて適切な治療を行ってもらうことをおすすめします。放置しておいてももう自身の身体で抑えることは難しいですから、抗生物質を使うしかないのです。

腸カンジダもまた疲れやストレスで免疫力が低下している時に発症しやすい病気です。ただそれ以外にも、砂糖や白米・うどんに麺類といった単純糖質や加工食品をよく食べるという方が発症するケースは多いです。何しろカンジダの菌は甘いものが好き、砂糖などの単純糖質をえさにしてどんどん増えていきます。腸の粘膜を壊して炎症を起こしながら増えていくので、身体のあちこちでトラブルが引き起こされることになるのです。甘いものを全く食べてはならないというわけではありませんが、過剰摂取にならないように注意はしましょう。

ただ、カンジダが増殖することで糖質が消費され低血糖状態となってしまいます。ですので脳が更に糖分を取れと指令を出して過剰摂取が止めたくとも止められないことに、そうすると更に菌が増えるので腸の粘膜が破壊されてと悪循環に陥る危険性はあります。脳の指令まで支配する恐ろしい病気なのです。日頃の定期的な健診と規則正しい生活、そして食事内容の見直しで予防に努めましょう。もちろんこちらも性行為をしているかどうかは関係しておらず、性病とは言えません。

関連記事
細菌やウィルスを撃退するならジスロマックがおすすめ! 2019年12月08日

抜群の治療効果を持ち、世界138カ国で承認されている薬、それがジスロマックです。もちろん日本の性感染症学会でも、第一優先して選択される薬となっています。クラミジア・トラコマチスなどの性感染症だけではありません。小さな子供が感染することの多いマイコプラズマのマイコプラズマ菌やインフルエンザのインフルエ...

薬で治らないコンジローマは手術が必要? 2019年10月04日

性器や肛門の周りにイボが出来る病気、それが尖圭コンジローマという性感染症です。イボの色は白やピンク・褐色・黒と様々で、大きさも1ミリから3ミリ前後で形も乳頭型からニワトリのトサカ・カリフラワーのような状態になったりととにかく様々なのです。デリケートゾーンと言われる部分だけに他の理由でイボが出来ること...

膣トリコモナスの代表的な症状をチェックしよう! 2019年10月21日

男女共に自覚症状の出にくい性感染症、それがトリコモナスです。乾燥に弱いことから表に性器が露出した男性が発症することは少なく、膣トリコモナスの発症率の方が高いのです。とはいえ男性だって発症率ゼロとは言えず、特に包茎の方を中心に患者がいますし、尿道内に発症することもあるのです。その原因となるのはトリコモ...

日本一メジャーな性病クラミジアについて 2019年09月14日

国際化や性行為に対する考えが奔放になったことから、昔と比べて様々な性感染症が増えてきています。ですがそんな中でも日本一多い性病と言えばやはりクラミジアでしょう。高校生くらいの女性の10人に3人が感染者と言われていますし、20代でも20人に3人です。遠い世界の話と思ってはいけません、何しろ日本にこれだ...

目にできる角膜ヘルペスの原因と症状 2019年08月29日

人の身体の中で粘膜というのは思っている以上にたくさんあります。特に何の理由も無いのに涙が出てくる・眩しさを強く感じる・コロコロする・目が見えにくくなった・充血してしまう、これらの症状が見られた場合に角膜にヘルペスウイルスが感染したのかもしれません。これを角膜ヘルペスといい、同じく粘膜である以上はウイ...