性病にかかったかも?病院へ行かずに検査と治療を自宅でする方法

なんとなくオリモノの量が増えたような、その程度だと性病に感染しているかどうかは微妙です。もしかしてと思ってもデリケートゾーンを医師に見せるのは恥ずかしいですし、何より性病というと遊んでいるというイメージが強い日本に於いて病院に行くのはかなりハードルが高いのです。とはいえ、適切な治療薬を用いて治療を行わない限りは自然治癒することはありません。むしろ悪化していき、不妊などの大変な事態になってしまうのですから早期発見早期治療が望ましいです。

そこでおすすめなのがネット通販、自宅に居ながらにして検査が出来て治療薬も手に入るという便利な世の中となったのですから、上手く利用してみませんか。

ネット通販を使用する場合、まず検査は男性用か女性用かをきちんと選んで正しく使用することがポイントとなります。男女で症状も異なれば必要となる採取物も検査方法だって違ってくるのです。

実際に感染していることが分かったら個人輸入で薬を取り寄せます。その際、お値段の安さよりも信頼性の高さで商品探しをするのがポイントとなります。何しろ個人輸入というと海外で出回っている薬を手に入れること、中には必要な成分が入っていなかったり逆に過剰に入りすぎていたりといった偽薬や製品作りを自宅の片隅のような劣悪な環境で行ったような粗悪な品が、数多く出回っているからです。とはいえ素人が海外の方とやり取りするわけにも行きませんし薬に対する知識だってありません、信頼性の高い個人輸入代行業者を選ぶのが最善です。手に入れた薬も医師による処方箋が無いのですから、自身で用法用量をよく調べてその通りに服用しましょう。中には併用禁忌とされる薬もあり命の危険さえ脅かされることがあります。せっかく良いものの手に入れても効果効能が得られないのであれば意味がありません。

24時間365日いつでもどこに居ても手に入れられて、診察料もかからず安価です。まとめ買いも出来るので常備薬として使うことも出来てとても便利です。ただその一方で危険は多く、何かトラブルが起こっても自己責任となることは知っておいてください。お金と時間は余計にかかるものの、安全安心なのは病院で診てもらうことです。

いずれにしろ、何らかの症状が出てきた場合には医師や薬剤師にきちんと相談しましょう。適切な方法で性感染症を治すようにしてください。自然治癒で治る病気ではないのですから、ネット通販を利用するにしろ病院に行くとしても、とにかく何らかのアクションを取るようにしましょう。とにかく早めの方が細菌がまだそれほどまでに広がっておらず症状が軽いので、あっという間に治ります。完治したと思ったらあっという間に再発という事態が起こらないためにも、パートナーと一緒に検査・治療をしてください。自覚症状が出てこない性病は多数あり、男女で症状が異なることだって多いのですから自分は大丈夫と思わない方がよいのです。

関連記事
カンジダ治療をするならレボフロキサシン配合のクラビット 2020年01月13日

性感染症であるカンジダはカンジダ菌という真菌が関係する病気です。感染症とはいえカンジダ菌自体常在菌として健康な体でも持っていることが多く、たとえ性行為を行わずとも発症することがあります。疲れやストレスにより真菌同士のバランスが崩れてしまい、陰部に痒みなどの症状がもたらされてしまうのです。陰部の痒みな...

細菌やウィルスを撃退するならジスロマックがおすすめ! 2019年12月08日

抜群の治療効果を持ち、世界138カ国で承認されている薬、それがジスロマックです。もちろん日本の性感染症学会でも、第一優先して選択される薬となっています。クラミジア・トラコマチスなどの性感染症だけではありません。小さな子供が感染することの多いマイコプラズマのマイコプラズマ菌やインフルエンザのインフルエ...

薬で治らないコンジローマは手術が必要? 2019年10月04日

性器や肛門の周りにイボが出来る病気、それが尖圭コンジローマという性感染症です。イボの色は白やピンク・褐色・黒と様々で、大きさも1ミリから3ミリ前後で形も乳頭型からニワトリのトサカ・カリフラワーのような状態になったりととにかく様々なのです。デリケートゾーンと言われる部分だけに他の理由でイボが出来ること...

カンジダは性病だけじゃない!腸カンジダってなに? 2019年11月10日

女性の5人に1人は経験する病気、それが膣カンジダです。水虫で有名な白癬菌と同じく真菌に属するカンジダ菌というのが増殖して、オリモノや痒みなどの不快な症状を引き起こす病気です。性感染症の一つとされていますが性行為をしない方であっても発症することは多々あります。何しろ、健康な女性であっても皮膚に口の中に...

膣トリコモナスの代表的な症状をチェックしよう! 2019年10月21日

男女共に自覚症状の出にくい性感染症、それがトリコモナスです。乾燥に弱いことから表に性器が露出した男性が発症することは少なく、膣トリコモナスの発症率の方が高いのです。とはいえ男性だって発症率ゼロとは言えず、特に包茎の方を中心に患者がいますし、尿道内に発症することもあるのです。その原因となるのはトリコモ...